北九州で健康保険が使える出張・訪問マッサージをお探しならヘルポンへ。ご自宅や介護施設へ出張・訪問し、機能訓練(リハビリ)のお手伝いをさせていただきます。

リハビリ・マッサージの ヘルポン

<住所>〒802-0071 福岡県北九州市小倉北区黄金1-12-8-602
<訪問対応地域>小倉北区・小倉南区・門司区・戸畑区・八幡東区・八幡西区ほか

営業時間

月〜土 9:00〜18:00
     (定休日:日曜日)

お問合せはお気軽にどうぞ

070-5400-9196

訪問マッサージとは

在宅訪問マッサージとは

「在宅医療」の一端を担っています

患者様の共通点として、血行不良や筋緊張・疼痛・筋力低下・日常生活動作の低下など、廃用性、退行性の変化が見られます。

訪問マッサージでは、そのような状態を手や指で感じながら、東洋医学と現代医学の知識を融合したり、医療や介護サービスと連携しながら進めいいきます。

急スピードで進んでいく高齢化のなか、在宅で医療の
足りない部分を補完するにとどまらず、患者様の生活の質の向上にも大きく役立つ。

そして、心身ともに患者様を癒し高齢社会を明るいものにする、それが当サービスです。

病院でのリハビリとの大きな違い

病院でのリハビリの主な目的は、社会復帰や自宅復帰。

一方、在宅でのリハビリや機能訓練の最大の目的は、生活をより良いものにすることだと考えています。

病院リハビリの「退院」のような、明確なゴールは存在しません。

現状維持や緩やかな回復を目指し、コツコツと積み上げていくもの。

経済的・時間的なコストが高ければ継続は困難です。

国の定めた制度である「訪問マッサージ」は、公的な医療保険(国民健康保険・健康保険など)が使え、ご自宅や入所施設にいながらにして、マッサージを中心としたリハビリや機能訓練を受けていただけます。

実際にどんなことをしてくれるの?

リハビリに精神的な負担を感じる方は少なくないようです。

その点、訪問マッサージでは指圧やマッサージで、お身体を緩めることから始めます。

これには痛みがともなわないため、ウトウトされる方も。

その後、関節を痛くない範囲で動かしたり筋肉をゆっくりと伸ばしたりすることで、機能の維持・改善をはかります。

ご自宅や入所施設でのリハビリが、苦痛ばかりでは長続きしません。

心地よい指圧やマッサージと、リハビリは相性の良い組み合わせです。あ

ちなみに、米国国立老化医学研究所の新しい運動指針では、「生活の自立性の維持には、有酸素運動よりも軽度の筋力運動やストレッチングが効果的とのこと。。

  1. マサージにより血液循環を改善
    血行を促進するマッサージを行います。
    片麻痺や廃用症候群の方では、心臓の働きが低下し血液循環が悪くなることも。
    その結果、体のすみずみまで酸素と栄養が運ばれなくなり、老廃物が蓄積して浮腫が起きやすい状態となります。
    血液循環が改善されると、筋肉・神経の働きが高まり、血流のうっ滞や浮腫、痛み等が改善されることも。
  2. 関節の拘縮をやわらげる関節運動
    硬くなった関節の動きをよくする
    関節運動を行います。
    主に6大関節(肩・肘・手・股・膝・足関節)の動きを維持・改善することで、日常生活での自立をはかります。
  3. 衰えた筋力を強化する筋力増強訓練
    ベッド上で寝たままできる筋力トレーニングを行います。
    寝たきりに繋がる転倒を未然に防ぎ、日常動作をより楽にするためのものです。
    たとえば、太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛えると膝が安定し、歩行が楽になります。
    ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)を鍛えると、足を蹴りだす力が強くなり、一歩の幅が大きくなり、つまずくことが少なくなります。
  4. 積極的な会話
    施術中のお声かけを大切にします。
    活動度の低下した方では、人とのコミュニケーションは脳への刺激となります。
    定期訪問とやわらかなボディタッチ、楽しい会話によって心身ともに活性化していただきます。

お問合せ・ご相談受付中

070-5400-9196

営業時間:
月〜土 9:00〜18:00
      (定休日:日曜日)

お問合せフォームはこちら

体験マッサージ

どのようなものか興味があるけど一歩を踏み出せない方のために、約30分間の無料体験マッサージを始めました。

もちろん、交通費・駐車場代など一切かかりません。この機会に是非一度お試しください。

体験マッサージとは?

体験マッサージのご予約

脳梗塞・脳出血の
在宅生活応援サイト

もしもの病気やケガで障害状態となったとき、心強い収入の支えとなる障害年金とは?

脳梗塞や脳出血のあと、運転を続けるかどうかは悩ましい問題です。その時に知っておきたいルールや法律とは?

脳梗塞などの後遺症が残ったとき、医療費助成や公共料金の割引など、さまざまな支援やサービスが受けられます

日々の通院や入院など、家計に重くのしかかる医療費。そんな負担を軽減するための公的制度を詳しく解説

世帯に複数の介護保険サービスの利用者がいたり、自己負担割合が2割と重かったりしたとき、負担を軽減するための制度を詳しく解説

脳卒中における必須な知識や手続きを、簡潔にまとめてみました

脳梗塞の発症から10年以内の再発率は50%です。そのため、いかに再発を防ぐかを知ることは大切です

脳梗塞・脳出血は特定疾病となるため、40歳以上の人は65歳未満でも介護保険サービスを利用できるかもしれません

脳梗塞や脳出血の大きな要因となる、生活習慣病を改善する食事について

会社案内

070-5400-9196

093-383-8128

helpone2@gmail.com

〒802-0071 福岡県北九州市小倉北区黄金1-12-8-602

訪問対応地域はこちら

お問合せフォームはこちら